こちらの3つのポイントに着目して選びましょう! 天然成分100%で作られているもの ⇒ 合成ポリ...

オーガニック日焼け止めの条件とは?

こちらの3つのポイントに着目して選びましょう!
天然成分100%で作られているもの
⇒ 合成ポリマーやシリコンなどの化学成分が配合されているものは、オーガニック日焼け止めではありません。ちょっとでも化学成分が配合されたものはオーガニックに値しないので、100%天然成分で作られた完全無添加のものを必ず選びましょう。
植物成分のオーガニック比率が高いもの
⇒ オーガニックの条件とは無農薬で栽培されているかということ。つまり、無農薬で栽培された植物の成分を使用している割合が高いものを選ぶのがオーガニック日焼け止めを見分ける上で不可欠です。少なくても50%以上のものを選ぶようにしましょう。
ナノ化成分を使用していないもの
⇒ ナノ化成分は真皮の奥の臓器にまで達する可能性が指摘されており、その結果、肌にどのような影響があるのかが実証されていない状況です。そのような状況の中、ナノ化成分を配合した日焼け止めを使うことが肌に良いかどうかは疑問が残ります。できる限り、ナノ化原料を使用していないものを選びましょう。